Menu

インカムの使い方

最近、とてもインカムがレンタルされるケースが増えて来ているのですが、一体どのようなシチュエーションで使用されているのかチェックしてみましょう。

みなさんが想像しているよりもインカムは、いろいろなシーンにおいて利用することができるアイテムです。

【建設・工事・解体現場でインカムは利用されている】

まず、インカムは、いろいろな仕事のシーンにおいて利用されています。 建設・工事・解体現場ではなかなか大声を出しても相手に声が届かないということがあります。そのようなシーンにおいて、インカム・無線機やトランシーバーが有効的に活用されています。

このようなシーンにおいて、インカムが使用されれば、現場監督からの連絡を 耳元で確認することができます。 とにかく、そのときインカムは、充分な音量を確保でき、防塵・防水性能に優れたものを選択するようにしましょう。

通信距離によって、「業務用簡易無線機」と「特定小電力トランシーバー」を使い分けすることもあり、 瞬時に一斉連絡することができる 「業務用簡易無線機」が使用することもあります。

【警備のシーンにおいて】

警備のシーンにもインカムは、有効的に利用されています。 瞬時に一斉連絡できる無線機は、そのような業務においても、もはや必要不可欠です。

監視・巡回業務、交通整理や道路警備、 現金輸送や身辺警護など、あらゆる警備員・ガードマンに、インカムが有効的に利用されています。 そのような業務において、 防水性を備えていて、 騒音のある環境下でも音声が明瞭に聞くことができるインカムが利用されています。

【イベントでも有効利用されている】

そして、インカムは、様々なイベントでも有効的に活用されています。最近では、大がかりなイベントも頻繁に行われるようになり、進行状況の把握・適切な人員配置・お客様の誘導というシーンにおいて、インカムの存在が必要不可欠なものになりました。

会場規模によって、「業務用簡易無線機」と「特定小電力トランシーバー」と言ったものが、使い分けされ使用されています。

さらに、大規模商業施設やスポーツ施設、コンサートホールや大規模展示会場などでは「業務用簡易無線機」や「IP無線」が使用されています。

【医療・福祉】

最近では、医療機関でも、インカムが頻繁に利用されています。このようなシチュエーションにおいて、 インカムが使用されれば、内線電話の近くにいなくても大切な報告を即時に一斉連絡することができるようになります。

インカムの導入によって無駄のない、適格な対応をすることができるようになります。手術室など手が離せない作業の連携のために「複数同時通話無線機」を使用するケースも増えて来ています。

いかがでしょうか。インカムは、さらに、工場、テーマパーク、店舗、 タクシー、バス、運転代行、そして、バイク・趣味のシチュエーションで有効的に活かされています。みなさんも、もっと他にインカムの使い方を見つけることができるのではないでしょうか。