Menu

モニターレンタル 【屋内用LEDビジョン】と向きあうときかも

企業では、いろいろなシーンでモニターレンタルしようという姿勢があります。いま成長出来る企業とそうでない企業との違いは、ええまかにはそんな点にあるのではないでしょうか。

まさにモニターレンタルのあり方は、企業のあり方をフレキシブルにする発想です。

大型のLED

大型のLEDの モニターといえば、屋外というイメージがあります。ビルの屋上や壁面、アミューズメント店の屋外看板で、よくそのようなものを見かける機会も増えて来ましたよね。

でも、それを屋内ではそれほどよく見かけることはありませんでした。それは何故なのでしょうか。

LEDビジョンは小さなLED球の集合体で構成されているものであり、 球密度が高いほど精細な画質にすることができます。

画像の粗さは、近くで見れば判りやすい感じで、遠めではほとんど気にならない程度です。

LEDビジョンは明るく、視認性にメリットがあります。

液晶モニターと比較して、表面に凹凸があり、光の反射をかなり抑えることができます。

光が射し込んでも、ですから視認性はある程度確保することができます。

屋内用LEDビジョンに注目

いまは、モニターレンタルという発想と同時に屋内用LEDビジョンにも注目が集まっています。屋外に設置する時とは違い、屋内に対しての問題は、ヒトが側で見ることです。

ですから、画像が粗くみえてしまったり、明るすぎという問題が起きます。

しかし、それは、いつも屋外で使用していたLEDビジョンを、屋内に設置した場合に起こることであり、 屋内用LEDビジョンであれば、画像の粗い感じもほとんど気にならないですし、明るすぎる感じもありません。

いかがでしょうか。いま、モニターレンタルという方法も、更に新しい世界と向きあおうとしています。屋内用LEDビジョンの場合は、ピッチ間隔を狭める技術で画像の粗さを解消することができたのです。

更に明るさを調整し、 私達は、もっとレンタルという形で、屋内用LEDビジョンとも向きあうことができるようになったのではないでしょうか。

それでも屋内用LEDビジョンを購入しよう……という時代ではまだないのかもしれないですよね。購入ではなく、まずはモニターレンタルという方法によって、屋内用LEDビジョンがどのような効果を発揮するか試してみてからではないでしょうか。

このようなことをいろいろ検証していけば、どのような時にどのようなモニターレンタルすればいいかということが段々とメリット・デメリットとともに見えてくるでしょう。